小悪魔ageha

『小悪魔ageha』とは

小悪魔ageha(コアクマアゲハ)とは、10代後半から20代前半の女性を対象にした、姉ギャル・姫ギャル系のヘアメイク&ファッション雑誌。発行はインフォレスト、毎月1日発売、定価580円。

『小悪魔ageha』は、2005年10月1日にインフォレスト発行の『nuts』の増刊ムックとして創刊され、第2号から隔月刊で発刊。2006年6月1日発売の雑誌から『小悪魔ageha』と誌名を変更、10月1日から月刊誌となりました。

『小悪魔ageha』のキャッチコピーは、「今よりもっとかわいくなりたい美人GALのための魔性&欲望BOOK」。

『小悪魔ageha』のモデルの多くはキャバ嬢で、モデルのことを『age嬢』と呼びます。そのモデルのファッションやメイクがいまや大人気。発行部数は公称30万部と好調な売れ行きです。

小悪魔ageha公式ショップ

『小悪魔ageha』の特徴

『小悪魔ageha』は、「もっときれいになりたい!もっとお金持ちになりたい!もっと幸せになりたい!」をコンセプトに、パーティーやイベント、カフェ、ナイト系の甘カワセクシーなドレス、髪の盛り方やメイク、心の闇(病み)など、age嬢のリアルな情報を満載。2008年に起こった姫ギャルブームは、『小悪魔ageha』が広めたとも言われています。

『小悪魔ageha』は、現役キャバ嬢やキャバ系(セクシー系)ファッション好きの若い読者からの圧倒的な支持を得ており、今最も勢いのある雑誌の一つです。