ピチレモン

『ピチレモン』とは

『ピチレモン』とは、学習研究社が毎月発行してるティーンズ向けのファッション誌。
略称はピチレ。毎月1日発売、価格は450円前後。

『ピチレモン』は、1986年に『Lemon』の姉妹誌として創刊。1995年にファッションをメインとする雑誌に転換され、ティーンズ向けファッション誌の先駆けとなりました。キャッチフレーズは「女の子が最初に手にする女性誌」。ターゲット層は、小学生から中学生の女子ですが、読者には中学1、2年の女の子が多い。

『ピチレモン』の発行部数は、2004年22万部、2005年20万部、2006年〜2008年が17万部と、残念ながら下降傾向です。人気モデルの卒業などが原因とも。

『ピチレモン』の誌面は、ファッション情報を中心に、ビューティー情報、占いや芸能などのバラエティー情報の3本立てにより構成。表紙には専属のモデルを起用しており、『ピチレモン』のモデルは「ピチモ」と呼ばれ、ローティーンの憧れ的存在ともなっています。

ピチモ

『ピチレモン』の専属モデルを「ピチモ」と言います。

ピチモには、事務所に所属しているプロのモデルのほか、読者オーディションからモデルになった人もいます。過去には、榎本加奈子、長澤まさみ、宮崎あおい、前田愛、加藤あいなどがおり、現在女優やタレントとして大活躍していますね。

ピチモオーディションの第1回目は1999年。それから2005年までは春と秋の年2回開催。2006年以降は年1回開催しています。応募用紙は、毎年2、3月号に掲載、6月号で結果を発表。応募資格は、小4生から中3生の女子、身長・体重・国籍は無制限となっています。

ピチモオーディションでは、まず書類選考の1次審査があります。この時点での応募総数は3000〜5000名くらい。それから書類選考で20〜30名に絞られます。

書類選考の方法は、選考スタッフがそれぞれ応募用紙の写真を見て、目に留まる子をチェック。
最終的にチェックの多い女の子の中から細かく内容を確認、1次選考合格者を決定します。

そして2次試験。これは面接です。面接の選考ポイントは、品格・礼儀や仕事をきちんとこなせるか、など内面的なことのようです。

これから『ピチレモン』にはどのようなモデルが登場してくるのか、注目したいですね。

→ 公式ホームページ

▼ローティーンズ向けファッション誌
ピチレモン
ラブベリー
nicola
Hana*chu→

▼ローティーンズ向けの通販サイト
ティーンズファッション 中学生 高校生の安カワ・チープリ服 通販【Cupop】
メゾピアノ・ANGEL BLUEなど子供服ナルミヤ・インターナショナルが運営する公式オンラインショッピングサイト
何でもそろう日本一の通販サイト【楽天市場】