ハイファッション モード系のファッション誌

ハイファッション モード系とは

モード系とは、レベルの高いファッションでよりグレード感を与えるファッションのこと。
モード系を扱っている雑誌の名前に由来して「ハイファッション系」と呼ばれることも。

ハイファッション モード系は、一般的には、パリ・コレを中心に、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、トウキョウなどのプレタポルテコレクションで発表されるような最先端のスタイルや、コレクションに参加している一流デザイナーの服を指します。

日本で代表的なモード系ファッションと言えば、「コム・デ・ギャルソン」の川久保玲、「ヨウジヤマモト」の山本耀司。黒や白、モノトーンなどで決めたごてごてしないシンプルな服装が、現在、ファッション誌などではモード系のメインになっています。

ハイファッション モード系ファッション誌

ハイファッション モード系のファッション誌は、アートとして読む場合が大半。
基本的に業界人が読む雑誌です。読者対象は多くが25歳から30歳くらい。

ハイファッション モード系のファッション誌には、以下のような雑誌があります。

『装苑』(文化出版局)
流行通信』(INFASパブリケーションズ)
『High Fashion』(文化出版局)
『GINZA』(マガジンハウス)
『SPUR』(集英社)
『FUDGE』(三栄書房)
『gap PRESS』(ギャップジャパン)
『Fashion News』(INFASパブリケーションズ インファス)
『MODE et MODE』(モードェモード社)