ゴージャス系ファッション誌

ゴージャス系ファッション誌『25ans』

ゴージャス系ファッション誌は、たくさんある女性ファッション雑誌の中において、意外に種類の少ないジャンルで、現在発行されている代表的な雑誌と言えば、『25ans(ヴァンサンカン)』のみ。

25ansは、1980年4月に創刊され、当初よりヨーロッパの高級ファッションブランドを中心としたゴージャス系ファッションを提供していました。

現在もそのスタイルを踏襲、さらにパワーアップし、ワンランク上のエレガンススタイルを提案。国際性豊かなお嬢様系雑誌として君臨しています。

25ansとはフランス語で「25歳」という意味ですが、実際の読者対象は、20代後半〜30代前半の富裕層および準富裕層の女性。ファッションと美容を中心として、旅、料理、人など幅広い情報を提供。

『25ans』のモデルには、読者モデルも多く、裕福な家庭の女性をはじめ海外のセレブリティーを読者モデルとして多く起用。かつては叶姉妹を常連読者モデルとして起用していたこともあります。

『25ans』は、ハースト婦人画報社が発行、定価780円 毎月28発売されています。

ゴージャス系ファッション誌『ENVY』

ゴージャス系ファッション誌と銘打って2007年5月(6月号)に創刊されたのが、KKベストセラーズ社の『ENVY(エンヴィ)』。定価500円。

『ENVY』は、メンズジョーカーの増刊として創刊され、キャッチフレーズは「カッコイイ女のトータルビューティファッション誌」。

『ENVY』の創刊号では、モデルに10代から20代前半の女性誌で人気の近藤里美や小森純を起用、クールなカッコ良さを追求。2号目は、キャッチフレーズを「ヘアとメークで差をつける」に変更し、表紙にジェシカを起用するなど、やや大人っぽいイメージに変身しました。

『ENVY』は、隔月11日に発売され、11月に発売された4号目の12月号以降、発売されていません。