カジュアル系のファッション誌

カジュアル系ファッションとは

カジュアル系ファッションとは、着ている本人はもちろん端からも堅苦しくなく感じ、リラックスするためのファッションのこと。カジュアルファッションの反対、正式なファッションをフォーマルファッションと言います。

代表的なアイテムとしてはジーンズ、チノパン、スウェットパーカー、ローテクスニーカーなど。特にジーンズはカジュアル定番のボトムスとしてグローバルに普及しています。

カジュアルには、アメリカンカジュアル、イタリアンカジュアル、フレンチカジュアル、オフィスカジュアル、ビジネスカジュアル、スマートカジュアル、セレブカジュアルなど、いろいろカジュアルと名のついたファッションがあり、ファッション誌でもさまざまなカジュアルの特集を行っています。

中でもセレブカジュアルは、デニムを基本としたセレブの普段着をまねたスタイルのことを指しますが、これは、ファッション誌の『S Cawaii!』や『ViVi』などが火付け役となり、女性に広まっていきました。

カジュアルファッションは、ギャル系ファッションと並んで、女性には人気のあるファッションです。

カジュアル系ファッション誌

カジュアルファッションとは、着くずした感じや、軽い感じの服装のことで比較的ラフなスタイルを言います。しかし、カジュアルという言葉にはっきりとした定義がないため、カジュアルファッションには定番のスタイルはなく、シーンに応じてのファッションが存在します。

カジュアル系ファッション誌は各出版社からたくさん出版されており、主だったファッション誌には、『non-no』(集英社)、『PINKY』(集英社)、『an・an』(マガジンハウス)、『mina』(主婦の友社)、『Soup』(インデックス・コミュニケーションズ)、『mini』(宝島社)、『sweet』(宝島社)、『spring』(宝島社)、『InRed』(宝島社)などがあります。

『Soup』、『Mini』、『Sweet』、『spring』は20代向け、『InRed』は30代の女性がターゲットです。

このジャンルでもっとも売れているのが言わずもがな『non-no』。
1971年に創刊され、『an・an』とともにロングランを誇っています。
また、宝島社が強く、4誌がともに好調な売れ行きを示しています。

芒r" />